全国の加入店で少なくとも1枚のクレジットカード

契約店舗でどれもの所有カードが切れるのでもありません。

:クレジットカードの加盟店舗は一般的に、多くのカード会社と契約しているわけですが、不便ですがみなの契約店であらゆる種類の契約カードが使用できるんではありません。

一例をあげれば古いタイプの店舗の際にはJCBの印の入ったそのカードしか決済できない状況もあるし最近の加盟店舗だとビザやマスター印のカードだけしか決済できない場面もあります。

ダイナースみたいなクレジットカードの場合にはもっと切れない商店が増えるのではないでしょうか。

何のブランドのカードが決済できるかをどのように見たら良いか?「それならどのようにして何のロゴの所有クレジットカードが使えるかを見分けるといいか?」というと、ちゃんと見るためには商店の誰かに尋ねてみる以外にはないていうのが正直なところその回答です。

ただしたいがいのショップや料亭には加盟店の見えるところなどに使えるカード会社のサインが入っている加盟ステッカーが掲載されていることから、「あああそこの店舗ではダイナースカードが使用できるのね」というふうに分かりやすいようにされてるので頭に入れておいていただけると思います。

というものの、十分に加入管理が出来ていない加盟店で切るときには印が掲げられているお店でも「現在では何々カードは決済いただけません」などの返答をもらうなどという状況もあるわけで途方に暮れてしまうこともなくもないです。

余裕があればできる限り全部の加入店舗でクレジットカードが使えるようにする目的を考えると異なる種類のロゴ(海外マーク)がはいった一般的なビザカードMasterCard、JCB、といったクレカを2枚以上財布に入れておくようにするとよいと思います(例えば:UCカードを使っているならもう一方は銀聯カード契約のクレジットカードを契約するといった方法)。

特に国内使用のみなら、VISAカード、マスターカード、JCBカードの書いてあるカードを日ごろから携帯しておけば、おおよそ全国の加入店で少なくとも1枚のクレジットカードを決済する機会があります。

クレジットカードを使って有効にスマートな支払いを継続していくには、早いうちに別々のカードを使えるようにしておいて損はないと思います。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.yyblzx.com All Rights Reserved.